EQUIPMENT

EQUIPMENT

スキマレスシンク
段差が小さく、継ぎ目の隙間がないので汚れがたまりにくい、シンプルで美しいキッチンシンク。お皿のあたる音や水はね音を抑える静音仕様です。
スマートレンジフード
スタイリッシュなデザインのレンジフード。調理時の匂いや煙をしっかり吸い込む整流板を備えています。
浄水器一体型シャワー水栓
美味しい水を供給する浄水器一体型のシャワー水栓。ヘッドを引き出せるので、シンクのお手入れや大きな鍋の丸洗いも簡単です。
IHクッキングヒーター
火を使わず安全でクリーンなIHヒーター。光火力センサー搭載で、きめ細やかに温度をコントロール可能です。また、両面焼きグリルも備えています。
食器洗い乾燥機
食器の出し入れがしやすく、節水・節電効果の高い食器洗い乾燥機を標準装備しています。食器洗いの手間を省け、家事時間の短縮につながります。
キッチン吊戸棚
収納を確保しつつ、キッチンの開口部を広げた吊戸棚。地震などの揺れから物の落下を防止する耐震ロックを備えています。
ディスポーザー※1
生ゴミを細かく粉砕処理し、排水もスムーズなディスポーザーを採用しました。三角コーナーに生ゴミをためることなく、キッチンを清潔に保てます。
ソフトクロージングレール
スライド収納は、奥まで引き出せて、静かにゆっくりと閉まるソフトクロージング機構を採用しています。
人造大理石カウンター
深みのある大理石調の風合いと自然な質感でインテリアにマッチ。お手入れしやすく、耐久性の高い天板です。

保温浴槽
浴槽とフタに断熱材を使用し、高い保温効果を発揮。追い焚きの回数が減り、光熱費の節約につながります。柔らかなアーチを描く弓形浴槽です。
フラッグストーンフロア
水はけを高める表面加工の効果で乾きやすい浴室床。滑りにくく、同一方向のグリッド加工によって、お手入れもしやすい仕様です。
ワンストップ付シャワーヘッド
シャワーヘッドは、手元のボタンで一時止水が可能です。こまめに切り替えができるので、節水効果も高まります。
シャワースライドバー
使う人や使う姿勢に合わせてシャワーヘッドの高さと角度を調節することができます。
ささっとキレイ排水口
髪の毛が集まりやすく、捨てやすい新形状のステンレス製ヘアキャッチャー。表面の特殊コーティングで汚れも付きにくい仕様です。
フルオートバス
スイッチひとつでお湯はり・保温・追い焚きができるフルオートバス。快適な湯温、湯量を保ち、入浴時間の異なるご家族でも快適です。
シングルレバーシャワー水栓
お湯と水の切り替えをシングルレバーで切り替えする、スマートな洗面水栓。ヘッドを引き出せるので、洗面ボウルのお手入れが楽に行えます。
三面鏡裏収納
三面鏡裏は全て収納空間。内部コンセントやアクセサリーバー、ティッシュボックスの置き場も備えています。
浴室換気乾燥機
24時間連続換気、冬場の予備暖房など快適機能を搭載しています。凹凸が少ないシンプルデザインでお手入れも楽に行えます。
ボウル一体型洗面カウンター
ボウルとカウンターが一体になった、お手入れしやすい仕様です。カウンターは、汚れをはじき細かい傷がつきにくい、有機ガラス系新素材を採用しました。
アラウーノSⅡ
少ない水量でしっかり流すスパイラル水流により、節水効果も高い仕様です。水垢のつきにくい素材で、お手入れの手間も省きます。
手洗いカウンター
シンプルなデザインで手洗い機能をコンパクトに集約。カウンター下部の収納扉は、取手レスのプッシュオープンタイプです。
PTC電気式床暖房
従来の電熱線に替わる新素材「プラサーモ」を用いた床暖房を採用しました。過度な発熱を抑え、快適にお部屋を温めることができます。
複層ガラス
2枚のガラスの間に空気層を挟んだ複層ガラスを採用しました。冷暖房効率を高め、結露抑制にも効果的な断熱仕様です。
スロップシンク
ガーデニングの水やりやスニーカーの丸洗いなどに便利なスロップシンクをバルコニーやテラスに設置しています。
足元保安灯
停電の際には自動で点灯し足元を明るく照らす保安灯を採用しました。非常時にはコンセントから取り外して使えます。
屋外コンセント
バルコニーや1階住戸のテラスには屋外コンセントを設けています。屋外設備の電源として利用するなど、使い勝手の良い設備です。
ドアストッパー
ワンプッシュで簡単にドアを固定することができる「ドアストッパー」を採用しました。

※掲載の写真は2016年4月に撮影(B-Jタイプ・B-Cタイプ:モデルルームタイプ)したものに一部CG処理を施しており、実際と異なる場合がございます。また基本プランの間取りとは異なります。また設備・仕様についてはオプションが含まれている場合があります。
※写真中の家具・家電・調度品・カーテン・照明・食器・観葉植物等については販売価格に含まれておりません。※1)ゴミの種類によっては処理できないものがあります。