毎日の安心も、万が一の安全も、暮らしを支えるために。

Safety【セーフティー】

人とテクノロジーの両方で、日々の暮らしを見守ります。人とテクノロジーの両方で、日々の暮らしを見守ります。

  • セキュリティシステムイメージ図
    ALSOKによる365日・24時間セキュリティシステム
    24時間体制で万一の異常を集中監視する、セキュリティシステムを導入。万一火災が発生した場合や、防犯センサーが不法侵入を感知した場合、また非常通報ボタンが押された場合などには、警報音でお知らせすると共に、管理室や監視センターへ自動通報します。監視センターでは状況に応じて関係機関へ緊急連絡を行い、必要な場合は専門スタッフが現場へ急行します。
  • 集合インターホンよりTVモニターと音声で来訪者を確認 確認後、オートロック解錠
    参考写真
    ノンタッチキー解錠のオートロックシステム
    共用エントランスには、オートロックを採用。来訪者を住戸内のカラーモニターでチェックし、音声と映像で確認してから解錠。オートロックは、キーを受信盤にかざすだけで解錠できる、ノンタッチ式を採用しています。
  • 防犯サムターン鎌状デッド防犯ドアスコープダブルロック
    さまざまな防犯対策が施された玄関ドア
    防犯センサーに加え、こじ開けやサムターン回しなどの不正解錠などを防ぐための対策を行っています。また、防犯ドアスコープはお子様でも使用いただきやすい位置にも設置しています。
  • 参考写真
    敷地内の各所に防犯カメラ
    共用部(共用エントランスやメールコーナー、駐車場など)に複数の防犯カメラを設置し、防犯体制を強化。防犯カメラの映像は、管理室内のモニターで監視でき、常時録画。カメラが作動していることで不審者の侵入を抑制します。
  • 参考写真
    防犯センサー・防犯ガラス
    全住戸の玄関ドアには、マグネットセンサーを設置。1階住戸の一部の窓ガラスには、防犯ガラスを採用。こじ破りや打ち破りに高い抵抗力を発揮します。
  • エレベーターの防犯警報対応
    万一エレベーター内に閉じ込められた場合には、インターホン呼出しボタンを押すと、係員と直接通話できます。また、防犯カメラの映像は、1階エレベーターホールにモニターを設置して、エレベーター内を映し出しています。

耐震の基本は足元から。建物を支える地盤調査と基礎設計。耐震の基本は足元から。建物を支える地盤調査と基礎設計。

■標準貫入試験(イメージ図) 概念図
直接基礎を採用
綿密な地盤調査(標準貫入試験、土質の検査など)を実施。地盤面から浅い所に強固な支持地盤があることが確認されています。そのため「シエリア湘南辻堂」では、直接基礎を採用しています。建物を面でしっかり支える基礎工法で安心感も高まります。
【 標準貫入試験とは 】
地中にさした調査棒の上に、重さ63.5kgのハンマー(おもり)を、75cmの高さから自由落下させ、調査棒を30cm打ち込むのに要する回数(N値という)を測定する調査です。同じ土質の場合、N値が高ければ高いほどその地層は固いということになります。

永くお住まいいただくための、耐久性の高い構造躯体。永くお住まいいただくための、耐久性の高い構造躯体。

  • 設計性能評価:取得予定 建設性能評価:完成時に取得予定 参考写真
    住宅性能評価(設計・建設)
    品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)にもとづく住宅性能表示制度による評価書を取得予定です。この制度は国土交通大臣登録の第三者機関が評価し、様々な住まいの性能を等級や数値で分かりやすく表示するものです。
  • イメージ図
    劣化対策等級3
    鉄筋コンクリート造の建物の耐久性を向上させるためには、鉄筋をガードするコンクリートが中性化するのを極力抑えることが重要なポイントになります。「シエリア湘南辻堂」では、コンクリートは水セメント比50%以下で、かぶり厚も建築基準法の規定より10mm以上厚くし、住宅性能評価の劣化対策等級で最高等級となる「3」を取得しています。
  • ■溶接閉鎖型 概念図
    柱のせん断補強
    「シエリア湘南辻堂」では「溶接閉鎖型」を採用。一般的な帯筋と比べ、地震などの力がかかった際に、主筋が折れ曲がろうとする力に抵抗する補強効果が高く、柱の耐震性を向上させています。

地震時にも安心できる住まいのために。

  • 参考写真
    防災への取り組み
    万一の災害時に備え、非常時に役立つ防災用具をはじめ、ヘルメットや救助工具、非常食・救急用品、飲料水などを備えた防災備蓄倉庫を設置しました。また、防災マニュアルを作成し、非常時の対応に備えています。敷地内の自走式駐車場は地域の避難場所に指定される予定です。
  • ■地震の揺れによるドア枠変形〈概念図〉
    万一の地震時の避難経路を確保する「耐震ドア枠」
    地震時には、建物の揺れにともなって玄関ドアの角が枠に接触し、ドアが開かなくなる場合があります。このような事態を回避するため、ドア枠には、変形によるドアとの接触抵抗を軽減し、枠とドアの間に適度なクリアランスを確保した耐震枠を採用しています。